teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:39/162 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

平景清

 投稿者:笠松憲一メール  投稿日:2008年 2月 5日(火)17時31分37秒
  通報
  平 景清(たいら の かげきよ、生年不詳 - 建久7年(1196年)?)は平安時代の武士。藤原忠清の子。
平家に仕えて戦い、都落ちに従ったため俗に平姓で呼ばれているが、藤原秀郷の子孫の伊勢藤原氏(伊藤氏)である。本名は藤原景清(伊藤景清)。通称、上総七郎(かずさのしちろう、上総介忠清の七男であるため)。信濃守(1180年)、兵衛尉。「悪七兵衛」の異名を持つほど勇猛であった。
上記文書:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

坂東札所会のページで以下の記述を見つけました。
http://www.bandou.gr.jp/
第三十二番 音羽山清水寺 (清水観音) 天台宗
〒299-4624 千葉県夷隅郡岬町鴨根一二七〇
「景清身代り観音 清水寺住職 井上享海」の記述の一部を以下に引用します。
御名の因となった平景清は、上総国布施の産、笠松右衛門景高の息で、伯父大日坊殺害のため悪の一字を冠せられ悪七兵衛景清と呼ばれた平家の勇者でした。弱年より観世音を信仰し、日夜誦経を怠らなかったと申します。
 
 
》記事一覧表示

新着順:39/162 《前のページ | 次のページ》
/162